EA、自動売買詐欺に騙されないために注意して見るポイント

プロフィール

EAの大魔術師
この世に生まれ何とか勉強していくことで誤魔化しで大学院まで進学したが、就職がうまくいかずIT系の中小企業に就職する。社会人になり将来の不安と日々のストレスと絶望感を味わいながら何とか脱サラを目指しブログと投資を実施中。

 

 

世の中にはたくさんのEAが出回っていますが、中には性能もよくないのに高額で販売されている詐欺のようなEAも存在します。そのような詐欺に合わないためにも詐欺EAの特徴を知っておくのは大事なことです。

詐欺となるEAとはどんなEA?

過大広告

EAに限らず過大広告された商品というのは詐欺の可能性が高いです。

EAの場合の過大広告とは
・絶対儲かる
←EAに限らず絶対という言葉はありえない表現です。考えてみてほしいですが、絶対儲かるならわざわざ販売して利益を得なくても、その絶対儲かる商品で儲ければいいはずです。そして絶対儲かるなら無限にお金を増やせることになり、もうなんでもありになりますね。

・ドローダウンが~%以下
←ドローダウンは資金とロットを調節することでいくらでも小さくできます。

ドローダウンによる過大広告に騙されるな【本当の意味でドローダウンを理解する】
ドローダウンによる過大広告に騙されるな【本当の意味でドローダウンを理解する】
目次1 ドローダウン(絶対ドローダウン)とは?2 最大ドローダウンとは?3 相対ドローダウンとは?4 バックテストのドローダウンを見ても意味...

・~年運用で資金が~倍
←バックテスト通りに動作した場合のみです。バックテスト通りに動作しないことの方が多いです。

・ただいま~%オフのセール中
←本当に優れているEAならそう簡単に安売りしません。

・残り~名!注文はお早めに!
←購入を急がせる売り文句です。

こういった言葉は売るために誇張した表現なので一度疑いの目を向けたほうがいいと言えるでしょう。

バックテスト、フォワードテスト結果が掲載されていない

バックテスト結果がないEAを購入して稼働させることは見ず知らずの他人にお金を渡して運用をお願いすることと同じです。バックテスト結果があって初めてEAの特徴を知ることができて、そこから信用できるEAかを判断します。

バックテスト同様にフォワードテストが掲載されていないEAの場合は本当にそのEAがバックテスト通りに動作するのかを知ることができません。

つまり、フォワードテストとバックテストが掲載されていないEAは購入判断ができないので購入の選択肢に入れてはいけないのです。

バックテスト結果が優秀すぎる

バックテスト結果が優秀なものは過剰に最適化されたバックテストの可能性があります。

バックテストが優秀すぎるというのは具体的に言うと、資産曲線が綺麗な直線の右肩上がりだったり、高取引頻度、高PFになっているEAです。

バックテスト結果が優秀なのはいいことなのですが、優秀すぎるバックテスト通りに動作するEAはなかなか存在しません。そんなEAが販売されていたら疑ってみましょう。

公式LINEに招待したがる

EAを販売するだけなのに公式LINEにやたら招待したがる販売者にご注意ください。

公式LINEに招待したがる理由はそこで宣伝したりカモにする客を狙っているためです。そもそもEA販売するだけなのに公式LINEの登録なんて必要ないはずです。

ただし私のようないい人(笑)が公式LINEを使ったときには是非友達追加をお願いします。

販売サイトが新しい

詐欺EAの場合はいくつもサイトを作ってそこで売ったり、サイトを作っては消してを繰り返すため比較的作成されて間もないサイトばかりになります。

もし作成して間もないサイトの場合はしばらく様子を見てみると良いでしょう。

振込口座名が怪しい

EA購入の際にお金を口座振込で支払う場合があります。

そういった場合も口座にお金を振り込むことになりますが、その口座名がなんだか怪しい会社名の時があります。一度振込先の名前をググってみましょう。

まとめ

初心者はまずは当サイトで紹介しているようなEAの販売サイトからEAを購入することをオススメします。

あまり名前の知れていない販売サイトは記事で紹介した点をそれなりに警戒しないと詐欺に合う可能性があるため注意が必要です。

ただし、ここにあげた例に当てはまったからといって必ず詐欺というわけではなく、当てはまる項目が多いほど可能性が高くなると考えていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク