EAについて 手法

勝てる?朝スキャの有用性とオススメEAの比較【FX自動売買】

FX自動売買の世界では朝スキャと呼ばれる手法を用いたEAが存在します。

朝スキャEAとは何か?これらのEAは本当に勝てるのか?

朝スキャEAで勝ちやすくする方法と実際に勝てているEAの紹介をしていきたいと思います。

朝スキャとは

朝スキャとは比較的値動きが穏やかなアジア時間の早朝にスキャルピングでトレードを行う手法です。

早朝のアジア時間は海外トレーダーがほとんど入ってこない時間帯なので、値動きが穏やかになり、レンジを形成しやすい時間帯です。

その特性を生かしてレンジ相場を狙ってトレードしていきます。

朝スキャの取引時間帯

朝スキャの取引時間帯はアジア時間の早朝と説明しました。具体的な時間としては日本時間の3時~8時くらいの時間帯に相当します。

朝スキャは通用するか?

朝スキャはその利益の出しやすさから人気があります。

実は以前よりも美味しい朝スキャの優位性がなくなってしまったという意見が散見されます。その理由としては朝にスプレッドを大きく広げる業者が増えてしまったことが挙げられます。

しかし、結論としては朝スキャは今でも通用します。なぜかというと、実際に朝スキャで利益を上げているEAが複数存在していますので、それが証拠です。ただ、スプレッドが狭い業者の選択は必須です。

また、朝にスプレッドを広げる業者が多いということは逆にいうと業者は朝スキャをして欲しくないということになりますので、それが優位性があることの証明にもなっています。

ただし、今後もずっと通用するという保証はありません。通用しなくなったときにすぐに逃げられる準備だけはしておきましょう。

朝スキャはスプレッドの狭い業者(ブローカー)の選択が重要

日本時間の3時~8時くらいの時間帯にスプレッドが広がらないような業者選択が必須となります。各業者のスプレッドが知りたい場合は下記のサイトから知ることができます。業者選びの参考にしてください。

https://www.gogojungle.co.jp/markets/spreads

以下のような感じでスプレッドを調べることができるので便利です。

朝スキャEAのメリット

朝スキャのメリットは取引の時間帯にあります。トレンド系EAの多くはアジア時間の早朝はボラティリティがないため、あまりトレードを行わない傾向があります。

そこに朝スキャEAを稼働させてあげることによってエントリーが被らずに効率よくトレードをすることができます。他のEAと朝スキャEAはポートフォリオ的には相性がいいのです。

朝スキャEAのデメリット

朝スキャEAのデメリットはスプレッドが広がりやすい早朝の時間帯にトレードを行うことです。なのでまずは早朝にスプレッドが広がらない業者を探すところから頑張らないといけないのです。

また、損大利小いわゆるコツドカ系で、資金効率があまりよろしくないEAが多いというところがデメリットです。

有料の朝スキャEA

朝スキャで利益を上げているEAを紹介します。

White Bear Z USDJPY

購入者多数、長年利益を上げている人気EAです。その信頼性、安定性から朝スキャEAでは1番人気で、その利用者の数は900人に達しています。5年間も資産曲線が右肩上がりなのが勝てている何よりの証拠となっています。

またエントリーフィルタも充実していてニュースフィルター、Difフィルター、スプレッドフィルター、金曜フィルターなどのフィルターを搭載しており、損失を回避するための守りの対策はバッチリです。

デメリットが挙げるならば、獲得利益が小さく、損失が大きいため、負けた時の損失が大きくなってしまうところです。コツコツと安定的に利益を積み上げたい方にオススメです。

ESCADA-USDJPY-

こちらも5年の長期フォワードありで成績優秀なEAです。取引頻度が少なく、獲得利益も少ないですが、その分リスクを回避してコツコツと利益を積み上げるタイプのEAで値段もお手頃です。

他のEAと比べても安定度は高いと思います。隠れた名作です。

無料の朝スキャEA

朝スキャEA M-B

無料で利用できるEAとしては朝スキャEA M-Bがあります。こちらはTRADERS-pro(トレーダーズプロ)というサイトに会員登録すれば無料で利用できる朝スキャEAになります。フォワードテストのデータはありませんので稼働させる場合は小さいロットからがオススメです。

朝スキャEA M-B【TRADERS-pro:トレプロ】

MSA-100

こちらはEA-BANKというサイトに会員登録すれば無料で利用できる朝スキャEAになります。フォワードテストのデータはありませんので稼働させる場合は小さいロットからがオススメです。

朝スキャをどう稼働させるか?

朝スキャのEAを紹介しましたが、朝スキャのEAをいっきに複数稼働するとリスクが大きくなります。

複数稼働させたい場合は、同じ時間帯にトレードする場合が多いので、複数稼働させる場合はロットを少なめにして分散稼働がオススメです。

あくまで一例なので稼働ロットはリスクを計算し、資金管理を徹底してください。

どれがオススメか?

実績で言えばWhite Bear Z USDJPYが一番オススメになります。ただし、利益と損失の比率が悪いので投資効率は決していいとは言えません。

そこが気になるようでしたら実績は短いですが、他に紹介したEAを選択する方がいいでしょう。その辺は好みによるかと思います。

-EAについて, 手法
-