EAのバックテスト方法

プロフィール

EAの大魔術師
この世に生まれ何とか勉強していくことで誤魔化しで大学院まで進学したが、就職がうまくいかずIT系の中小企業に就職する。社会人になり将来の不安と日々のストレスと絶望感を味わいながら何とか脱サラを目指しブログと投資を実施中。
大魔術師のヒストリカルデータ

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バックテストとは


バックテストとは作成したEAを過去チャートを元に実際に動かしてみるテストのことです。


バックテストはEA作成においては必須のテストになりますので是非覚えておきましょう。

バックテストの方法


下記からEAのバックテスト方法を説明します。

準備するもの

  • エキスパートアドバイザー(EA)

   まずバックテストしたいEA(~.ex4ファイル)を準備します。~.ex4ファイ
   ルはEAを購入もしくは自作することで手に入れることができます。

  • MT4

   バックテスト用のチャートソフトであるMT4を準備しましょう。
   MT4の入手先は各業者の公式ページ等からダウンロードが可能です。
   ヒストリカルデータはMT4がオンラインになると勝手に更新されてしま
   うので、本番用とテスト用のMT4を分けた方が管理が楽になります。

  • ヒストリカルデータ

   バックテストするためには過去のチャートの時間足データ(ヒストリカル
   データ)が必要になります。

   ヒストリカルデータは下記から入手しましょう。
   下記URL(FXDD.comのサイト)からダウンロードできます。
   https://www.fxddtrading.com/bm/jp/resources/mt4-one-minute-data
   ダウンロードしたらデータを解凍しましょう。解凍すると~.hstという
   ヒストリカルデータファイルを入手できます。

手順

① 既存ヒストリカルデータを削除


MT4に最初から入っているヒストリカルデータを削除する必要があります。
「ファイル」→「データフォルダを開く」でMT4のフォルダを開き、historyフォルダの中に~.hstファイルが存在している場合はこれをすべて削除しましょう。

②ヒストリカルデータのインポート


次にダウンロードしたヒストリカルデータをMT4にインポートしましょう。
インポートするには「ツール」→「ヒストリーセンター」を選択します。


ヒストリカルデータを追加したい通貨ペアを選択し、ダブルクリックします。
1分足(M1)を選択しダブルクリックします。


インポートをクリックし、先ほどダウンロードしたヒストリカルデータをインポートします。

③5分足~4時間足のデータを作成する


インポートできたデータは1分足のデータのみなので1分足のデータから5分足〜4時間足までのデータを作成しましょう。


下記URLからPeriod Converter All Timeframesというスクリプトファイルをダウンロードします。

https://www.mql5.com/ja/code/19839


ダウンロードしたらMT4をインストールしたフォルダの中の~MQL4\Scriptsのフォルダの中にスクリプトを置きましょう。


次にオフラインチャートを「ファイル」→「オフラインチャート」を選択します。


先ほどインポートした1分足のヒストリカルデータを選択して「開く」を押します。


最後に先ほどダウンロードした Period Converter All Timeframesのスクリプトをチャートにドラッグアンドドロップしたら完了です。


以上でバックテストの準備が完了になります。

バックテストの設定


次にバックテストの設定です。


①プルダウンからバックテストしたいEAを選択します。
②バックテスト期間を選択しましょう。
③どの時間足でバックテストするか選択しましょう。
④スプレットを選択しましょう。(単位は10が1pips)
⑤パラメータを設定しましょう。


スタートボタンを押すとバックテスト開始です。

バックテストの結果を確認する


「結果タブ」ですべてのトレードの記録を確認することができます。
「グラフタブ」で資産の変化がグラフで確認することができます。
「レポートタブ」で勝率などの結果を確認することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする