ドローダウンに騙されず真実を見抜く方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドローダウンとは?

ドローダウンとは資金がどれだけ減ったかを表す数値です。
例えば口座に100万円あったがそこから10万円減ったらドローダウンは10万円(10%)になります。

最大ドローダウンとは?

最大ドローダウンとはドローダウンの中でも最も大きいドローダウンです。
つまり負けトレードの中で一番大きな負けになった金額です。

相対ドローダウンとは?

負けトレードの中でも口座資金に対して一番資金が減った割合が大きい負けトレードのことです。

ドローダウンを見ても意味がない

EAのバックテストから得られるドローダウンを見てもほぼ意味がありません。
なぜならドローダウンは初期証拠金と運用ロットによって変えることができるからです。
簡単に説明すると初期証拠金を多く、EAのロット数量を小さくすることでドローダウンを小さくすることができます。
ドローダウンは口座資金に対しての負け金額のため、このような現象が起こります。
よって、いくらでもドローダウンを小さく見せることができるので、ドローダウンを見てもあんまり意味がないです。
もし参考にしたい場合はバックテストの下記赤枠の初期証拠金と数量というところを一緒に確認しましょう。

潜在ドローダウンに注意

最大ポジション数と最大ストップロスから起こりうるドローダウンがわかります。
例えば、最大ポジション数3で最大ストップロスが50pipsだった場合、
3つポジションを持って、全部が最大ストップロスにかかったら損失は150pipsになります。
これが潜在ドローダウンです。
上の例だと150pipsの損失を出す可能性があるので1lot運用で15000円の損失ができます。
この損失に自分の精神が耐えられるかどうかを稼働前に必ず確認するようにしましょう。

EAが持てるポジション数が多いほどこの潜在ドローダウンが大きくなる傾向にあるので、
ドローダウンを抑えたい場合はなるべく最大ポジション数1のストップロスが小さいEAを選択するようにしましょう。

まとめ

EAのバックテストのドローダウンの項目を鵜呑みにするのはやめましょう。
ドローダウンを少ないことを過大広告しているEAは疑いの目で見ましょう。
EAのバックテスト結果のドローダウンに信用性はないので参考程度にしましょう。
ドローダウンという観点だけに絞ると以下の条件を満たすことができればドローダウンを小さくすることができます。
■持てるポジションは1つのほうがいい
■損切は小さい方がよく、利益確定は大きい方がいい
■勝率が高い方がいい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする