EAについて

知っておきたいMT4 EAの週末クローズの必要性

今回はEAを稼働する際に週末になったらクローズすべきか?しないべきか?について考えます。判断をミスると大きな損失につながるので知っておきたい知識です。

週末クローズの方法等についても説明していきたいと思います。

MT4のEAは週末クローズするべき?

週末クローズをするべきか、しないべきかですが、結論としては、した方がよいです。

EAによっては週末クローズしない方が成績がよくなるケースもあります。しかし、週末クローズの必要性は成績の良しあしの問題ではないのです。週末クローズの一番の目的はリスクを回避することにあるからです。

週末というのはブローカーが稼働しておらずEAが動作しない状態になっています。ですが、通貨の価値は常に変動しています。月曜になって業者のサーバーが稼働するといきなりチャートが飛んでと呼ばれるチャートを作ります。この窓が開いた状態だとEAに備わっている最大SLを超える可能性があります。

例えば、現在101円の買いポジションを持っていて、100円で損切りを設定していた場合でも、月曜日のトレード開始時に窓が開いて99円までチャートが下落していたとします。すると100円では損切りされず99円で損切りされることになります。このように週末にポジションを持ち越すとリスクがつきものになります。

1回のトレード大きな損切りをすることはなるべく避けていった方が成績の安定にも繋がります。

スイングEAは例外

ただし、週末の値動き等は気にならないくらい大きな値幅を狙うスイングEA等は例外です。このようなEAを途中でクローズする弊害の方が大きくなりそうですね。スイングといってもどのくらいの値幅狙うかによっても変わってきますので、狙う値幅によって週末クローズの有無を考えればOKです。

逆に言うと狙う値幅が小さければ小さいほど週末クローズの重要性は高くなります。

バックテストから週末クローズは正しく判定できない

試しにバックテストで週末クローズしなかった場合のトレードを見てみましょう。

チャートに穴が開いたようになっている箇所が窓と呼ばれる金曜日から月曜日の価格に差がある状態のチャートです。

なんと窓の開いている真ん中あたりで損切りをしています。こんな損切りの仕方は本番トレードではありえませんね。本番トレードでは窓が開いてすぐの価格のところで損切りになるはずです。

というわけでバックテストでは週末クローズの影響を確認することが不可能であることがわかりました。バックテストで週末クローズあり、なしの結果を比較しても意味がないことになります。

週末クローズのコード

参考程度に週末クローズについて、MQLのコードを載せます。サマータイム等は考慮していません。

// クローズ時間制限
int closeTime = 17;

if(DayOfWeek() == FRIDAY && Hour() >= closeTime) {
    // クローズ処理
}

ただし、金曜日が祝日だと週末は木曜日になるので、徹底するなら祝日の情報を持っておく必要がありますね。

週末 クローズツール

週末クローズ機能のないEAでも週末クローズをしたい場合は、専用のツールの使用をご検討ください。

「いろいろ条件でMT4を停止・再開!」週末クローズのみならず、色々な条件で停止、再開ができるツールになります。このツールが1つあればMT4で稼働しているEAをすべて一括で制御することができます。週末クローズ機能が付いていないEAで週末のリスクを回避したい方にはオススメの商品です。

スプレッドフィルタ、時間帯フィルタによりEA停止・再開を自動で行います!ポジションの同時決済も可能!スプレッドフィルタ、時間帯フィルタによりEA停止・再開を自動で行います!ポジションの同時決済も可能! | GogoJungle

-EAについて