本ページはプロモーションが含まれています

雑記

首都圏、30代、子供なし夫婦のマンション購入奮闘記

私は30代の子無し夫婦で、最近、首都圏で新しい家を買いました。

賃貸か持家か?なんてよく言われますが、そこも含め、なぜ家を買ったのか、私たちの家探しの過程を共有し、同じような状況にある方々に役立つ情報を提供したいと思います。

予算設定

家を探す上で最初に激しく悩んだのが、予算です。お金ないっす(^_^;)

家と言っても値段はピンキリなので、まず、感覚で3000万円代の家を目安に探し始めました。しかし、この値段だと理想の家とは程遠い、物件ばかりで絶望でした。

理想の家を探しつつも、現実と予算とのギャップがあり、夫婦で何度も話し合い、最後には妥協点を決めることになりました。

結局、予算は5000万円代まで上がりましたが、この過程についても後でお話しします。

賃貸か、一軒家か、マンションか

よくネットやテレビで議論されている究極の3択ですが、これも自分たちの生活スタイルを考えてなんとか答えを見つける事ができました。

まず賃貸か持家か?ですが、これはおそらく、賃貸の方が無難だと思います。あくまでも詳しい人が語っている一般論的に無難。賃貸ならリスクも抑えつつ、柔軟に住み替えができるからですね。

しかし、私は持家を選びました。理由は妻の要望と(老後になる前に家を持っておきたかったこと)、賃貸よりもイケてる家に住みたかったから、ただそれだけです。

結局、どっちが良いかなんて、ケースバイケースだし、人によっても違うし、考えるだけ無意味なんですよね。マイホームに住むのが夢、という人にマンション、賃貸がうんたらとか話しても全くの無意味ですし。

次に、一軒家かマンションか?の選択になりますが、ここはマンションを選択しました。理由は都心にすぐ行けるような便利な立地に住みたく、車も持っていなかったからです。

立地選びの重要性

立地はかなり重要でした。主に叶えたかった条件は以下です。

・職場に1時間以内
・駅周りが便利
・駅に近い
・2LDK以上
・地盤が良い
・治安がそれなりによい
・築年数が古すぎない

正直これらの条件をすべて叶えたいとなると、予算を上げないとでした。立地を重視するのは、資産価値をなるべく落とさないようにするためです。

人気がない路線や駅を選んでしまうと途端に価値が下がってしまいますので、ここは慎重になる必要がありました。

将来は何が起こるかわかりません。転職、離婚、転勤、老後、子供の受験、子供の一人暮らし、実家の都合、と考えればいくらでもイベントが思いつきます。

そのイベントが来た時に家を手放したくなることもあるかと思いますが、家を売る価格がローンの残債を超えていない場合、売ったときに借金が残ったり、売るに売れない状況になります。そうなったら地獄です。

また、売ることも考えると、災害が起きた時に巻き込まれないことも重要です。建物が壊れてしまっては、修繕費も多くかかるし、価値が下がってしまいますからね。当然、災害に弱い場所は人気も多少落ちます。

通勤と生活

通勤時間と住環境のバランスをどう取るかが鍵となりました。できれば、通勤を短くしつつ、買い物や週末のリラックスができる環境を重視したい。

そのため、都心から近く、駅周りの商業施設が充実、快速の電車が停まる駅を選びました。

また、将来的に子どもが生まれたときのことも考え、学校や公園が充実しているところも大事でした。

間取りの悩み

間取りは最初、3LDK等の広い家を求めがちでしたが、最終的には諦めて2LDKとなりました。

この狭さは、子供ができたときに、住み替えが必要となる可能性があります。そのため、売ったときに価値が落ちづらい立地も重要になってくるのです。

営業の言うことは信用するな

これも、もはや常識になりつつありますが、営業の言っていることはあまり信用しないことです。

私も中古物件を探している最中に他の客からも問い合わせや見学が入っているから急いだほうがいい物件ですと紹介をされました。

結局、この物件は見送ったのですが、その後もその物件は残り続けていました。

また、別の営業さんに最初の物件を見せたところ、地盤が弱いことや戸数が少ないので、修繕積立金が高額になるリスクがあることを教えてもらいました。残念ですが、営業さんもビジネスでやってるので利益が第一優先なわけですね。

このように、営業の言うことは嘘や隠し事があると思って、必ず2人以上の人に相談し比較検討をすることが重要です。

隠れたコストに気をつけて

家を購入する際、最初に考えるのは購入価格ですが、実はそれ以外にも多くのコストがかかります。登記費用、仲介手数料、固定資産税、頭金等、予想外の出費が多く発生しました。これらを事前にリサーチし、予算計画に含めておくことが重要です。

また、金利の問題です。固定金利と変動金利が選べます。将来どうなるかなんて誰にもわからないのですが、私は変動金利を選択しました。理由は、今はまだ変動金利の方が安く、近い将来はまだ金利が上がりそうにないからです。

最終決定の決め手

私たちが最後に決めたのは、立地、間取り、そして予算のバランスが取れた新築マンションの物件でした。

結局は候補の中で、資産価値が一番高そうな場所に決めました。資産価値が高いので、必然的に立地、利便性が良いですし、自分達が欲しい物件の条件にも近づきます。

果たしてこれが正解だったのかはわかりませんし、そんなことを考えても意味がないので、これから精一杯努力するのみです。

新しい家での生活への期待

これらの手続きを経て、ついに新しい家の鍵を手に入れる日を待っている状態です。新しい生活への期待と同時に、これから始まる新しい章へのワクワク感があります。このブログを通して、私たちの経験が皆さんの家探しの参考になれば幸いです。

最後に

最後に、マンション購入において、注意して見ておきたい点を記載しておきます。

・予算は計画範囲内か?
・職場に近いか?
・快速が止まる駅か?
・駅周りは便利か?
・地盤は大丈夫か?
・治安は大丈夫か?
・戸数は多すぎず、少なすぎないか?
・広さは適切か?
・駅近いか
・窓向きは良いか?
・騒音は問題ないか?
・管理会社、近隣住民は問題ないか?
・手放したとき、他の人に需要ありそうか?

-雑記