本ページはプロモーションが含まれています

雑記

幸せとは何でしょうか?幸せになるために全力出すよ

30代という年齢になると、人生の折り返し地点に差し掛かり、自分にとっての幸せについて深く考えるようになりました。

学生時代は幸せについて考えたこともありませんでした。逆に考えるまでもなく幸せだったから、なのかもしれないです。

今の私にとっての幸せは、家族、仕事、趣味、お金、健康など、様々な要素が絡み合っています。ただ、これが絶対的な定義ではなく、人それぞれだよね。

幸せを感じるために重要な要素

私の考える幸せになるための重要な要素は以下の3つです。

・人間関係
・日々の積み重ね
・環境

それぞれについて説明していきますね。

人間関係

人間関係による幸福感は無意識になりがちですが、幸せの最も重要な部分を占めるものだと思ってます。

家族と過ごす時間は、私にとってメインで幸せを感じていることのはずです、多分。

理由は独りの時間が長いといずれ限界がくるからですね。独身のときにほぼ一人で過ごしていたため、寂しさを感じていましたので、幸せとはほど遠い感覚でした。

仲の良い友達を数人作って定期的に遊ぶだけでも孤独感を和らげたりできます。習い事をはじめて、定期的に同じ趣味を共有する人を見つけるのもいいでしょう。

実は不幸を感じるほとんどの人はこの人間関係が上手くいっていないからなのではと思っています。嫌いな人を避けて、気の合う人で周りを固めれば世の中もっと平和になるんじゃないかと。

他のアンケートや研究でも、既婚者の方が幸せを感じやすかったり、寿命が長いことがわかっています。

日々の積み重ね

これは日々の余暇時間の過ごし方になると思います。余暇時間もすごく大事で、なにも高級なご飯や、レジャーを楽しむのではなく、いかに小さな幸せを見つけていくかが勝負です。

私の日々の楽しみは毎日美味しいコーヒーを飲むこと、お風呂でNetflixを見ること、ゲームを楽しむことです。

おそらく、これだけでお金なんてほとんどかけず、かなり幸せを感じることができます。

また、他にも晴れた日に散歩してみたり、新しい料理に挑戦してみたりと、いくらでも幸せを感じる趣味的なことが思いつきます。

別視点で、科学的に話すなら、睡眠、朝散歩、筋トレは定番ですね。これやっとけば幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが作られるので幸せを感じることができます。

ここは正直、幸せに感じる能力も重要になってきますね…幸せ力を鍛えてみるのもよいでしょう。

日々の積み重ね、生活習慣を見直してみると幸せはそこら辺に転がっています。

環境

環境も大事です。職場環境、家庭環境で大きなストレスを感じているようでは幸せには絶対なれないです。

私も環境を変えることによって、幸せ度が変化していくのを実感しました。具体的に言うと以下の通りです。

・住む家を広いところに引っ越した
・転職をした
・家から無駄なものを捨て、掃除をした

これだけでもかなり効果がありました。

生きてるんなら幸せじゃないと意味ない

正直、ずっとモヤモヤを抱えていたり、不幸を感じながら生きていても意味がないと思っています。

自分だけの一度きりの人生、幸せになるための行動に全振りしてみるべきだと思います。

残業が辛いなら転職する、気の合わない人がいたら関わらない、辛かったら逃げる、やりたくないならやらない

もちろん、常識的に考えるとできない!となるもわかりますが、常識なんて幻想で、ただの言い訳なんですよね。

実際にやりたいことは周りを気にせずやっている方はいますよね。

これがあっても幸せとは限らない

年齢を重ねていくうちに、これがあっても幸せを感じないというものを挙げてみます。

・お金

そう、お金なんです。別に私はお金持ちではないのですが、高級すぎるものでもない限り買うくらいのお金が溜まっていました。

お金があれば、欲を満たせて、幸せになれると思っていましたが、いざお金持ってみても欲しいものがないんです。

たとえば、以下のような感じですね。

・食べ物は牛丼チェーン店で十分。高級レストランもおいしいけど、お金を何倍も出すほどの味の価値は感じない
・趣味はゲームで十分楽しい。お金のかかる時計、服、車に興味がない

むしろ大きなお金なんか使わなくても先ほど述べた日常の積み重ねで十分な幸せを感じられるんですよね。

まとめ

私の考える幸せについては以下の通りでした。

・人間関係
・日々の積み重ね
・環境

結婚し、友達を作り、趣味を楽しみ、睡眠は十分にとり、朝に散歩をし、筋トレをし、嫌な職場は転職しすれば幸せ力がアップするでしょう。

幸せになるための努力を惜しまないようにしましょう。

-雑記