我が家にも自動掃除ロボットペットキーボルがやってきた【Kyvol E20】

プロフィール

EAの大魔術師
この世に生まれ何とか勉強していくことで誤魔化しで大学院まで進学したが、就職がうまくいかずIT系の中小企業に就職する。社会人になり将来の不安と日々のストレスと絶望感を味わいながら何とか脱サラを目指しブログと投資を実施中。

 

 

我が家も広くなったということでお掃除ロボットの導入を検討しました。お掃除ロボットと言えばルンバですが、ルンバは億トレーダーが買うような高級品です。

ルンバに代わるお掃除ロボットがないだろうかと探していたところKyvol E20という製品を見つけたので購入に至りました。

今回はそんなKyvol E20についてのレビューになります。

お掃除ロボットを初めて使ってみて

お掃除ロボットは初めてということでそのいい点と悪い点について説明していきたいと思います。

良い点

当たり前ですが、掃除機をかける手間が省けます。掃除機をかける気力がなくても自動で掃除をしてくれます。家事をしたくない人、面倒くさがりな人にはとても合っている家電です。

肝心の掃除はちゃんとできているかと疑問に思うかもしれませんが、掃除機の蓋を開けるとゴミが溜まっているので掃除がしっかりできていることが確認できます。

特にベッドやソファの下等通常では掃除しにくい場所も掃除してくれるのがいいところです。

悪い点

部屋にコードや物が散らかっているとロボット掃除機が途中で止まってしまったり繰り返し同じ個所を移動してしまいます。ロボット掃除機にちゃんと動いてもらうために部屋を常に片づけた状態にしないといけないのでちょっと面倒です。

肝心の掃除能力ですが、部屋の隅や角は掃除が行き届かないので、この箇所については手動で掃除をしないといけないです。他のロボット掃除機であれば隅や角まで掃除が行き届くそうなのでここが

値段

Kyvol E20はルンバに比べて値段がリーズナブルなのが特徴です。ルンバは最低4、5万円はしますが、Kyvol E20は半額程度の2万円で購入できます。しかも2万円という安さでも普通に使用できており、コスパは抜群です。アマゾンのセールで買えばさらに安く購入することができます。

アプリで制御が可能

こちらの掃除機はアプリをインストールすることにより、アプリから様々な操作をすることができます。

例えばアプリから掃除機を起動したり、予約して指定時間に動作するように設定したりと便利な機能があります。

アプリは下記URLからダウンロード可能。

https://apps.apple.com/jp/app/kyvol/id1507378496

アプリ以外でもリモコンで操作可能

アプリで動かさなくてもリモコンが付属しているのでそちらでも操作できます。アプリもリモコンも使えば、いろんな部屋からロボット掃除機を動かすことができるのでより便利になります。

侵入禁止エリアを指定可能

お掃除ロボットには掃除をしてほしくない、入ってほしくないエリア(例えばお風呂場、玄関の段差、動きが止まりそうな段差がある部屋等)があると思います。

そういう場合に備えて進入禁止エリアは付属の磁気テープのようなものを張って侵入を防ぐことができます。

まとめ

総合的に満足のお掃除ロボットは一家に一台はあって損はないと思います。お掃除ロボットで掃除の時間を短縮してその分の時間を投資の勉強に変えていきましょう。

つまらないことはどんどん自動化していくのが自動売買プレイヤーであると思います。