Simple H1 GBPUSD EAの分析、評価、レビュー【無料EA】

プロフィール

EAの大魔術師
この世に生まれ何とか勉強していくことで誤魔化しで大学院まで進学したが、就職がうまくいかずIT系の中小企業に就職する。社会人になり将来の不安と日々のストレスと絶望感を味わいながら何とか脱サラを目指しブログと投資を実施中。

 

 

Simple H1 GBPUSDとはFOREXFACTORYというサイトで無料ダウンロードできるEAです。無料ということでさっそくダウンロードしてみました。

下記のURLからダウンロードできます。セットファイルも一緒にダウンロードできます。ちなみにセットファイルは3種類で1~3ポジションを持つものがあります。

https://www.forexfactory.com/thread/231650-simple-h1-gbpusd-ea

データ

EAについてのデータを掲載します。

1orderのセットファイル

通貨ぺアGBPUSD
時間足H1
最大ポジション数1
最大ストップロス120
テイクプロフィット80      
特記事項なし

2orderのセットファイル

通貨ぺアGBPUSD
時間足H1
最大ポジション数2
最大ストップロス140
テイクプロフィット22、50    
特記事項なし

3orderのセットファイル

通貨ぺアGBPUSD
時間足H1
最大ポジション数3
最大ストップロス140
テイクプロフィット22、50、80  
特記事項なし

バックテスト

1orderのセットファイル

2orderのセットファイル

3orderのセットファイル

Alpariの2010~2021年のバックテスト(スプレッド10)ですが、このまま何も考えずに放置稼働は厳しいですね。念のためFXDDの方でもバックテストしてみました。

ちょっとマシになりましたが、依然厳しそうです。

フォワードテスト

なし

説明

とりあえず、説明と思われる分を翻訳してみます。

ここに示されている戦略とEAは無料です。つまり、非営利です。

これは非常にシンプルでありながら収益性の高い戦略であり、誰でも従うことができます。
週に平均50から100pips獲得でき、手動または付属のEAを使用して取引できます。

ニューヨークのクローズと東京のオープンの間で、トレンドがどうであれ、市場はトレンドフォローが数時間続いているようです。

もちろん、常に機能するとは限りませんが、90%以上のよい結果が得られました。

東京セッション開始の1時間前に注文します。

単純な戦略、2つの指標、10SMAと197SMAのみ。
両方の傾きが正の場合は、買い注文。
両方の傾きが負の場合は、売り注文。
(このEAは保守的なので頻繁に取引されません)

手動トレーダーは、NYクローズとの間の10SMAスロープのみを使用できます。東京はオープンし、独自の判断でエントリーポイントを決定します。
多くの場合、市場は東京セッションを通じてこの戦略に反対します
しかし、これは手動トレーダーにもっと良いエントリーを見つける機会を与えます
EAが使用するものよりもポイント。

私は半分のロットサイズで2つの注文をすることを好みます。最初の注文は+22で終了します。
TP1に達したら、2次SLをBEに移動し、実行させます。

SLは140と大きいですが、それより少なくすると負けトレードが増えます。

4桁または5桁のブローカー、標準、ミニ、またはマイクロアカウントで機能します。ECNブローカーの場合、バックテストパラメータにチェックしてください。

GMTオフセットの設定。

1.ブローカーの時間はGMTから+または-x時間オフセットされます。

2.東京セッションはグリニッジ標準時0:00に開始しますが、これより前、つまりグリニッジ標準時23:00にロウソク足を使用します。したがって、開始時刻はコードで23に設定されます。

GMTの詳細については、http://wwp.greenwichmeantime.com/にアクセスしてください。

GMTオフセットの例を次に示します。

アルパリ:GMT +2
Axisodl:GMT
ACTbrokers:-4
CFGTrader:GMT +2
CoesFX:GMT +3
フィボグループ:GMT +2
Forex.com:GMT
Forex LTD:GMT +2
FXCMトレーダー4:GMT -4
BTを搭載したFXCMMT4:GMT +1
FXDD:GMT +3
Gomarkets GMT +2
IBFX:GMT
グリニッジ標準時
MetaQuotes:GMT +2
MoneyTec:GMT +3
Netdania Charts GMT -8
ノースファイナンス:GMT +2
OANDA GMT -5
オリオン:GMT +4
リアルトレード:GMT +2


GBPUSD_ONLY = trueの場合、このEAはGBPUSDチャートだけで機能します。もし間違ったチャートまたは時間枠すると警告メッセージが表示され、EAは停止します。

UseUserDefinedMaxLots = trueの場合、ユーザーがロットサイズの独自の上限を定義できるようにします
extern double UserMaxLots = 0.1

Slippage= 3 新しいポジションを開く際に許容するスリッページの量

OrderRetryLimit = 5 注文または注文変更を再試行する回数

OrderRetryMillisecondDelay = 1000 注文または注文変更を再試行する前に待機する時間(1000 = 1秒)

ECN = false ’false ‘はSL / TP(1ステップ)で設定し、’ true ‘はゼロSL / SPを設定してから変更する(2ステップ)

さまざまな市場開放時間のチャートに垂直線を表示するこれは、すべてのタイムゾーンの混乱に役立つかもしれません…)

ShowTokyoOpen = true
TokyoOpenColor =赤

ShowFrankfurtOpen = true
フランクフルトオープンカラー=オレンジ

ShowLondonOpen = true
LondonOpenColor =青

ShowNewYorkOpen = true
NewYorkOpenColor =パープル

ジャーナル/ログファイルに加えて、ユーザーに問題を報告する他のさまざまな方法

ProblemUseTextLabel = true チャートの上部に大きな赤いテキストラベルを追加します
ProblemUseComment = true 問題を説明するコメントを追加します
ProblemUseEmail = false メールを送信する
MaxEmails = 25 送信する電子メールの最大数(電子メールの受信トレイの爆発を防ぎます)

総評

無料EAなのでとりあえずダウンロードしてデータをとってみます。もっといい設定値があればご報告お願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク