EAの複利運用について【メリット、デメリットなど】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

複利とは?

複利とはトレードによって運用資金が増えれば増えるほどそれに応じてEAの稼働ロットも増やして行くというスタイルになります。最近はEAに複利機能が付いているものが多く気軽に複利運用でEAを稼働することができます。

複利運用のメリット

複利運用のメリットは勝ち続けることができれば資金を加速度的に増やせることです。資金を早く増やせるので運用資金資金が元々少ない人、資金を一気に増やしたい人に向いているスタイルであると言えます。

複利運用のデメリット

複利運用のデメリットはトレードで勝ち続けてもリスクが減らないことです。

固定ロットの運用であれば勝てば勝つほどリスクが減少し、破産確率がどんどん減って行くはずです。しかし複利運用の場合、勝ち続けてもリスクが一定のためEAの調子が悪くなってドローダウンを食らった時に大きく資金が減る傾向にあります。

このリスクの高さはイメージが難しいと思うので詳しく説明したいと思います。

極端な例ですが、
資金の50%を許容損失とした複利運用した場合、常にお金が半分に減ってしまうというリスクがあります。どれだけトレードで勝ち続けたとしても一回の負けで資金が半分になってしまいます。

ここで大事なポイントは勝ち続けて資金が増えていくと負けたときの損失額もどんどん大きくなることです。

負け続けた場合

資金10万円→5万円→2.5万円
資金100万円→50万円→25万円
資金1000万円→500万円→250万円→125万円

資金が多くても負けた時の金額の減るスピードが速いのがわかります。

単利で負けた場合

資金10万円→5万円→0万円
資金100万円→95万円→90万円
資金1000万円→995万円→990万円

資金が多い程負けに強くなることがわかります。

長期投資するという観点で考えるとハイリスクかと思われます。
この結果をよく考慮して複利運用を検討しましょう。

上のようなリスク一定であることが理解できていないとEAの運用中に以下のような心境になりやすいです。

順調に勝ち続け資金が増えてきた!でも最近負けが続いて資金が一気に減ってしまった。これはEAが調子悪いのかな?稼働停止した方がいいのではないか?ロットを下げたほうがいいんじゃないか?

冷静に考えてみるとEAは久々に負けただけなのに、損失金額が今まで以上に大きくなるのでEAの調子が悪くなったと感じてしまうことが多いのです。

まとめ

資金が少ない人や一気に増やしたい人は複利運用でEAを稼働させるという選択肢はありです。
しかし、複利運用は資金が増える速度が速くなるがドローダウン時に大きく資金が減る可能性があるということを理解した上で運用が必要です。長期的に安定した投資をしたい場合は単利での運用をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする