MT4の優秀なEAの選択のヒント~開発者という観点から考える~

EAを選ぶ際には少しでも優秀なEAを選びたいものです。優秀なEAな選び方は他の記事でも紹介しています。

が今回は開発者という視点から考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

EAの開発にはとても時間がかかる

自分がEAを開発しようとしていたのでわかるのですが、EAの開発にはものすごい時間がかかります。試しに適当にロジックで作ったEAをバックテストしてみてもいい成績のEAなんて全然できません。EAをどのようなロジックで作成するのかということを考えるだけでもかなり時間がかかります。

さらにそこから本当にバグもなく正しく動作するのかという確認を行うのも時間がかかります。お金に関するプログラムなのでEAの開発者の責任は大きいです。なので変なところで不具合がでないようにしっかりと動作を確認する必要があります。

2つ目以降のEAの開発は短時間でできる?

上記で説明した通りEAの開発には時間がかかるというお話をしましたが、EAの開発者は次々と新しいEAを開発していき開発スピードが速く感じるかもしれません。

これはひとつEAが完成してしまえばあとはおきまりのソースコードを使いまわせるからです。使いまわせるロジックは主に利益確定ポイント、損切りポイント、エントリーのフィルターなどがあります。

優秀な開発者のEAは優秀なEAになりやすい

先ほどロジックを使いまわしてEAを開発できることを説明しました。つまり優秀なEAをひとつ作れば後は似たようなロジックを使いまわしてEAを作成することになるのでそのEAも優秀なEAになりやすいのです。もちろんまったく別のロジックで開発をする場合もあります。よくあるのが元となるEAの取引通貨ペアを変えてロジックはそのままでその通貨ペア用に最適化するといった開発です。

開発者のプロフィールにも注意

開発者のプロフィールにも注目しましょう。開発者のFX歴、裁量取引の経験はあるかは結構重要です。いくら自動売買とは言え裁量取引で使える資金管理やエントリーを見送るパターンなどは自動売買にも通づるところがあります。逆に言うと最良取引の経験がない人がEAを作成するとカーブフィッティングになる可能性があります。なぜかというとロジックに根拠があるEAを作成できないからです。根拠がないロジックを使ってもそれはたまたま上手くいったということになります。

まとめ

EAは優秀なEAのいいところのソースを使い回されている場合があります。逆にいうと優秀なEAの開発者のEAならある程度信頼性が高いと言えます。つまり開発者のプロフィールも合わせてEAを選択するという方法をとることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする