EAを指標による値動きから守るためには?

多くのEAは経済指標による急激な値動きに弱く、大きな損失を出してしまう可能性があります。
なぜ、指標による値動きにEAがついていけないかというと、指標による急な値動きは普段の値動きとは違って想定できない値動きになるからです。
インジケーターを使用してテクニカル分析をしているEAにとってファンダメンタルな動きは予測不可能です。

どんなEAが指標に弱いか?

基本的に高勝率のスキャル系は稼働を停止した方がいいでしょう。

高勝率のEAとは具体的にいうとTP数pips、SL数十から数pipsで勝率が80%以上でコツコツと利益を積み重ねるタイプです。
このタイプのEAは一回負けただけでも大ドローダウンとなってしまうことが多く指標発表時などに稼働させたままにするのは非常に危険です。

逆にスイング系の大きなTPを取るタイプは稼働させたままでも負けたときに大きなドローダウンになることは少ないでしょう。

急な値動きへの対策

一瞬で100pipsの値動きが起こることは特別なロジックを入れていない限りEAには想定もできないし対応もできません。
例えばEU離脱危機の時にポンド円は20円近い下落になりました。20円つまり2000pipsです。この時逆にポジションを持っていたEAは全滅ですね。

そのため、EAによっては指標フィルターと呼ばれるフィルターを搭載していることがあります。指標発表の時間を入力することでその時間取引を停止させるフィルターのことです。
しかし、稼働するEAが増えてくるとすべてのフィルターをその都度設定しなければいけないし、管理がかなり面倒になってきてついフィルターの設定をさぼりがちになります。
私もフィルターの設定は面倒なので設定していません・・・(本当は設定した方がいいです)

そこで逆に指標発表時のような急激な値動きを狙ったEAを稼働させようと考えました。
急な値動きを狙うことによって他のEAが急な値動きで損切になっても利益がプラマイゼロになるようにです。

急な値動きを狙ったEAとは?

緊急発動FX USDJPY

実際に私も稼働させているEAが緊急発動FX USDJPYというEAです。

緊急発動FX USDJPYはEA単体で動かしても利益を狙えますし、他のEAと組み合わせて稼働させることによってリスクヘッジにも使えます。
急激な値動きによって他のEAが損失を出してしまっても緊急発動FXで利益を出して損失をカバーすることが期待できます。

パラメータ設定は自由度があるようなので試行錯誤して設定するのもデフォルトで使用するのもOKでカスタマイズ性に優れています。

緊急発動FX USDJPYは通貨縛りがないため、他の通貨で最適なパラメータを探して稼働するなんてこともできたります。

実際にエントリーしているチャートの様子が下に示しています。

一瞬で100pips動いているところでうまく利益を出していることがわかります。
パラメータの設定などはこちらに記載しています。

まとめ

指標発表時にはスキャル系のEAは大きな損失を出してしまう可能性があるので、稼働を停止したほうがいいと言えます。
急激な値動きはこれから先もほぼ確実に起こることなのでそれに備えてひとつEAを稼働させておくこといいかもしれません。

緊急発動FX USDJPYが気になった場合は下のリンクから商品ページへ移動できます。
緊急発動FX USDJPY
1分足が急に●pips動いた時に順張りで追いかけるEA
1分足が急に●pips動いた時に順張りで追いかけるEA?|?fx-on.com