くるくるワイドEA作成計画

くるくるワイドを行うにあたり、基本的なことは機械的にトレードが行えるであろうということと、ポジションを持ったりするのが手間なのでEA化してしまおうと考えました。

主な機能としては

  • 本体ポジションを建てる
  • トラップを貼る
  • トラップトレードの利益で攻撃的複利、現実的複利、非現実的複利を建てる
  • ヘッジトレードする
  • ヘッジトレードの利益で固定ポジションを建てる
  • 下落時に本体の出口とトラップの幅を修正する
  • これらの機能はくるくるワイドの最も基本的な部分でかつ、機械的にトレードできる部分であると思い、自動化できるのではないかと考えました。
    下記に本体ロングで行うくるくるワイドのソースを記載します。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    外部パラメータ

    以下の外部パラメータを用意する必要があります。

    本体ポジションを建てる

    init()関数内に本体を建てるコードを記述しています。
    本体の注文価格はEAを稼働した瞬間の現在の価格にしています。
    本体は外部変数によって建てるか建てないかを判定しています。
    EA再起動時は外部変数によって本体を建てないようにすることが必要になります。

    トラップを貼る

    トラップを貼る部分のコードは魚屋さんのブログにあるとおりのコードを使用することにします。

    トラップトレードの利益で攻撃的複利、現実的複利、非現実的複利を建てる

    複利の目安よりレートが10pips上にあるときに複利資金から建てられる複利枚数を計算し、複利を建てます。

    ヘッジトレードする

    ヘッジポジションを持っていない時に、ヘッジトレードできるポジションを計算し、ヘッジポジションを建てます。
    ヘッジポジションを建てる条件は適当にボリバンアップバンドの1σに達したらとしています。

    ヘッジトレードの利益で固定ポジションを建てる

    固定ポジションが本体枚数以下ならヘッジトレードで得た利益をもとに固定ポジションを建てます。

    結論

    実際にEAを稼働させてみた結果、おかしな動作をしたりまだまだ未完成な部分がありました。
    また小回りが利かないので、本気でやるなら結局手動が一番であるということに気づき、現在は手動でくるくるワイドを実施しています。
    気が向いたらソース改善に努めたいと思います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする